福森道華 Michika Fukumori Jazz ピアニスト ニューヨーク

HOME

プロフィール <Bio>

ニューヨーク便り

NYライブスケジュール <Schedule>

Japan Tour

Music Video

著書

CD販売

城英輔さんからのメッセージ

LINK

E-mail

過去のニューヨーク便り『2016年』

  2月  3月  4月 6月 8月 10月

現在のニューヨーク便り

福森道華 Michika Fukumori Jazz ピアニスト ニューヨーク

2016年12月ニューヨーク便り

あっという間に、2016年師走を迎えました。
NYは今のところ、穏やかに冬を迎えつつあります。

11月3日のJazz at Kitano でのCDリリースコンサートに沢山の皆様にお越し頂きましてどうもありがとうございました。素晴らしい時間 ''QualityTime'' を皆様と共に過ごさせて頂きましたこと、心から感謝申し上げます。お陰様で1st setは 満席御礼でした。ありがとうございました。

6月のCDリリースから始まったこの''Quality Time”の旅。

アメリカに於いてのラジオキャンペーンでは、全米各地、沢山のラジオ局にこの” Quality Time'”からの曲を取り上げて頂きました。
代表的な有名ラジオジャズチャートであるJazzweekでは、
Most added に取り上げられたところから始まって、なんと最高全米33位!!

その後もまずまずの順位を確保して、全米デビュー版としては素晴らしい成果を残すことが出来ました。ありがとうございます!
また日本では、ウメダFM BeHappy! 789『me+ preseted by SOULBIRD』 の番組中、パーソナリティ(素晴らしいジャズ&ブラジリアン音楽ピアニストでもあります!)
Ota Kazuoさんにツアーよもやま話、CD話取り上げて頂きました!

各種音楽誌のレビュー、インタビュー、また日本ツアーのライブレポートまで、沢山取り上げて頂きました。
<日本>
Jazz Japan 8月22日号: CD紹介topic 。。杉村宏樹氏
ジャズ批評 9月 (196 ) 号: ' Quality Time' レコード評。。茂木亮氏
ジャズ批評 11月( 197 ) 号 : Japanツアーライブレポート。。茂木亮氏

<U.S.A.>
Hot House Jazz Magazine :
November Spot light
として、アルバムと11月3日のコンサートについて取り上げて頂きました。

また、こちらが各種アメリカ誌などの代表的なレビューです。。。

Michika Fukumori / QUALITY TIME
REVIEWS

June 11, 2016

Midwest Record by Chris Spector

“Tasty, top shelf stuff by a certified rising star.”

http://www.midwestrecord.com/MWR1104.html

June 12, 2016

Bebop Spoken Here by Lance Liddle

“Upon first hearing the name that crossed my mind was Bill Evans. Fukumori has a similar introspective approach. Reflective, probing, discovering unexplored depths to otherwise familiar tunes that had me hanging on to her every note. Repeated listening didn't dispel my initial reaction but it did tell me that she was also very much her own woman. “

http://lance-bebopspokenhere.blogspot.com/2016/06/cd-review-michika-fukumori-quality-time.html#more

June 15, 2016

Musical Memoirs by Dee Dee McNeil

“Michika Fukumori is a gifted pianist and she leads her trio with impeccable taste and seasoned technique.”

https://musicalmemoirs.wordpress.com/

June 16, 2016

JazzTimes Online by Travis Rogers, Jr.

“Her reinvention of the covers is stunning and her own compositions reveal a passion and compassion that is shown brightly through her performance artistry. Quality Time is high jazz and we are fortunate to be reminded what that is supposed to sound like.”

http://jazztimes.com/community/articles/172109-listening-to-michika-fukumori-is-quality-time

ALSO published in THE JAZZ OWL: http://travisrogersjr.weebly.com/music-reviews/listening-to-michika-fukumori-is-quality-time

June 29, 2016

AXS by Carol Banks Weber

“Quality Time shows the potential for great originality...”

http://www.axs.com/michika-fukumori-s-quality-time-reflects-perfect-jazz-moments-87523

July 1, 2016

Jazz Music Archives

“Possibly you have not heard of Michika Fukumori yet, if not, then you can add her to your list of rising star pianists that you need to check out.”

“Fukumori’s main style could best be described as sophisticated hard bop in which her refined classical training is mixed with a very bluesy harmonic language. In this respect Michika bears some similarities to Oscar Peterson, Horace Silver and Gene Harris, all pianists who approached the blues with a refined touch.”

http://www.jazzmusicarchives.com/review/quality-time/252747

July 8, 2016

Elmore Magazine by Mike Jurkovic

“Her playing… displays a uniquely vocal quality, as if she were singing what she was playing. Quality Time revels in the joy of playing and expressing one’s self through music.”

http://www.elmoremagazine.com/2016/07/reviews/albums/michika-fukumori

July 10, 2016
JazzMostly by Bruce Crowther
“Excellent jazz piano playing that is warmly rhythmic and wholly engaging.”
Musically trained from very early childhood, including studying classical composition, Michika Fukumori moved to New York to pursue her studies and quickly established herself on the city’s club circuit as a notable jazz pianist. Michika’s repertoire on this release includes music that is familiar but presented in an engagingly fresh manner – Duke Ellington’s Solitude, Antonio Carlos Jobim’s Someone To Light Up My Life, Leonard Bernstein’s Lucky To Be Me and Somewhere, Jule Styne’s Make Someone Happy – as well as four originals by Michika and one of producer Steve Kuhn’s compositions, Looking Back. Michika is joined here by bassist Aidan O’Donnell, a Scotsman now also resident in New York, and drummer Billy Drummond, a mainstay of the jazz and studio scene since the 1980s. Excellent jazz piano playing that is warmly rhythmic and wholly engaging.
http://jazzmostly.com/jazz-cd-reviews-early-july-2016

September 6, 2016

CD Hotlist by Rick Anderson

“Pianist Michika Fukumori swings powerfully but with deceptive gentleness… This is straight-ahead, old-school piano jazz at its best.”

https://cdhotlist.com/

“Pianist Michika Fukumori swings powerfully but with deceptive gentleness on this, her second album as a leader. The program consists mostly of standards, plus four originals, and her bassist and drummer give her plenty of space to stretch out, which she does decorously but with incisive intelligence. For me, the highlight is her heartbreaking rendition of “Somewhere,” from West Side Story, but there’s really not a weak track on this album. This is straight-ahead, old-school piano jazz at its best.”

September 20, 2016

JazzWeekly by George Harris

“Pianist Michika Fukumori keeps the ides a bit more traditional on a mix of her originals and a clever selection of covers. Teamed up with the supple Aidan O’Donnell/b and Billy Drummond/dr, Fukumori is clear and confident on “Make Someone Happy” and the gently swaying take of Ivan Lins’ “Velas.” She gets elegiac on “Solitude” and is erudite on “That’s All” while her own material like “ Cat Walk” and “Quality Time” is creative yet in the tradition.”

http://www.jazzweekly.com/2016/09/two-different-triosjoe-policastro-trio-pops-michika-fukumori-quality-time/

 

October 4, 2016

Jazz Society of Oregon by George Fendel

“Her style is spare, her touch is lovely… if you are looking for some “Quality Time,” here is a nice place to find it.”

http://www.jazzoregon.com/quality-time-with-michika-fukumori/

“Now here is a straight-ahead piano album right out of the American tradition. Guess it makes no difference that the pianist is a native of Japan. However, it should be noted that Michika Fukumori has been a New Yorker for some years. Her style is spare, her touch is lovely, and on an album of eight standards and four originals, she fills the bill quite well. Her relaxed, piano bar presence draws inspiration from such players as Teddy Wilson, John Bunch, and other practitioners of elegance. She and colleagues Aidan O’Donnell (bass) and Billy Drummond (drums) offer well-known entries like “Make Someone Happy,” “Solitude,” “Lucky To Be Me,” “That’s All,” and a couple of Brazilian choices as well. So if you are looking for some “Quality Time,” here is a nice place to find it.” Summit Records; 2016; appx. 65 min. –George Fendel

December 12, 2016

Michael Doherty’s Music Log

“She delivers some beautiful renditions of familiar tunes, as well as treating us to some original material.”

http://michaelsmusiclog.blogspot.com/2016/12/michika-fukumori-quality-time-2016-cd.html

8月末から約1ヶ月、18箇所に渡ったCD発売記念日本ツアーの成功も皆様の厚い応援、ご支援無しにはなし得ることが出来ませんでした。本当に重ね重ねありがとうございました。

そしてそして、今回のビックリボーナスだったことは、このアルバムが2017年のグラミー賞にエントリーされたこと!ビックリビッグなニュースに私自身も驚きましたが、この嬉しく素晴らしいStepを始まりとして、これからも更に音楽そのものの追求&充実とともに、高みを目指して行きたい所存です。

皆様の応援、ご支援で、CD' Quality Time'に関するすべてのことに素晴らしい成果を頂きまして、重ね重ねありがとうございました!!
2016年が、私にとりましても極めて濃く大切な1年になりました。
これからも益々精進して音の世界を益々深めていきたい所存です。
皆様、末永い御付き合いをどうぞよろしくお願い致します!

今年一年間のすべてに感謝しつつ、新しい年の皆様のご多幸をお祈り申し上げます。

=福森 道華=


2016年10月ニューヨーク便り

2016 Japanツアー。
特に今年は新しいCD (12年振り!) の発売記念ツアーということで、
日本各地でまたまた沢山の皆様に熱く、手厚く応援して頂きまして、誠にありがとうございました。
主催して頂きました皆様、ライブ各地会場に駆けつけて下さった皆様、
そしてCDを購入して頂きました皆様、皆様のお陰でかけがえのない時間、
まさに' Quality Time'!! を過ごすことができました。
無事ツアーは終了致しました今、この貴重で輝いた時間&経験を基に、更に新たな一歩を踏み出す為、
精進して参りたいと思っております。
これからも末永くお付き合い頂けますよう、よろしくお願い致します。
重ね重ねありがとうございました!!

さてさて。。。。
NYに戻って以来、またまたありがたいことに、 疲れも時差ボケも吹き飛ばし、踏み倒しの、
怒濤のような日常にイキナリ戻りました。
マンハッタン内を西へ東へ、はたまた北から南へと走り周って毎日が過ぎていきます。
そんな中、11月3日には今回のCDリリースのNYでのハイライトイベント、
Jazz at KitanoでCDリリース記念コンサートを開催します。
強力なリズムセクション。。
盟友でレコーディングメンバーのAidan O'Donnell 君(演奏ももちろんながら、王子様キャラのAidan君のファン多し!)、 師匠の推薦で初共演となります、マルグリューミラーのレギュラードラマーだったRodney Green 氏。。。のお二方と共演出来ること、今からとても楽しみです。
どんなドラマを音楽を通して繰り広げることが出来るのか!!
どうぞどうぞ御期待下さい!!

NYにお住いの皆様、訪問中の皆様、お越しをお待ちしております!!
また日本の皆様の厚い応援もいつも励みになっております。ありがとうございます!!
11月3日に沢山の皆様にお会い出来ますこと、楽しみにしております。

=福森 道華=


2016年8月ニューヨーク便り

あっという間に、8月も半ば。
7.8月とまたまたありがたいことに、白目むくほどの忙しさ。
朝から晩まで、体力勝負の5週間。
北に南に伴奏に走り、東に西に演奏に小走り。。
気がつけば、後1週間足らずで日本ツアーへ出発!
最後の1週間こそは、日本ツアーの準備に集中だ!と思っていたら、
ありがたいことにまたまたまたまた、何やかやとお仕事を頂いて、
残りの1週間をマンハッタンの東西南北、
このまま走り続けて日本に上陸(台風か?!)という運びになりそうです。

今回のツアーは”遂に出た!!”(真夏の怪談か?!)の
12年ぶりの2枚目アルバム”Quality Time" の発売記念ツアーということで、
いつも増して気合入っております。
エンジン全開です!!

アメリカでのこのアルバムのラジオプロモーションも始まり、
最初の週から2週連続でアメリカのラジオチャートの
""Top Most Added in JazzWeek""
に名前が掲載されたりして、順調な滑り出しの様子です。

そうそう、あまりに普通に報告を受けたのでビックリを通り越して、
未だに夢のような感覚ですが
なんと”グラミー賞2017”にこのアルバムがエントリーされました。
遠い世界での出来事が、イキナリ自分の目の前に
”現実”として現れた感じ、です。

とりあえず、よくわからないけれど
”スタートラインに立てたのだ!” というような。
どのようにこの航海が進んでいくのか
舟の漕ぎ方も知らず、乗船してしまったので予想もつきませんが、
オールをイキナリ渡されて
”自分流でも良いから、ゴール目指して漕いでみんかい!”
と、せっかく背中を押してもらったので
とにかく、航海に出ます!!

思い返せば、
アメリカのレコード会社からこのアルバムを出してもらえることが決まっただけでも、
とてもとても嬉しかったのに、更にこんな素晴らしい驚きがついてくるなんて!
当初そして現在での目標も、一貫して
”自分の音楽を世界の人に知って、そして聴いて頂きたい!音を通して幸せを共有=共通体験したい!!”
ですので、
今回のグラミーへのエントリーで、更にこの目標が達成できたら幸いです。

そして、嬉しいニュースの続報では
ジャズの世界では誰もが憧れ、
またその放送局にとりあげてもらうのは難しいといわれている
アメリカのジャズラジオ局、WBGOのROB CROCKER氏の番組で
8月2週目の週末2回も、アルバムからの曲を取り上げて頂きました。
これも、またまた夢のような出来事で
憧れの”WBGO"から自分の音が流れ出た時、
思わず”ガッツポーズ”で、飛び上がりました。
イエ~~~~ィ!!
まだ、この航海は始まったばかりですが、オールをしっかり握って
航海道中を楽しみながら、しっかりゴールを目指したいと思います!!

そして8月26日から始まる、全国17箇所でのJAPAN ツアー2016
”QUALITY TIME"引っさげて、全国17箇所で演奏致します。
WEB SITEでは流通が滞り、皆様に御迷惑をお掛けしておりますが、
ツアー演奏各所では、手売り行商発売(サイン入り!:しつこい)
させて頂きます。

一人でも多くの皆様に足を運んでいただけますことを願いつつ
皆様に日本でお会いできますこと、とても楽しみにしております。

どうぞよろしくお願い致します!!!

=福森 道華=


2016年6月ニューヨーク便り

12年振りの自分的一大イベント、6月3日の'QUALITY TIME' 発売日を
御蔭様で無事に迎えることが出来、
その後もあれやこれやとプロモーション活動や
譜面書きや編曲の細かい仕事に追われていたら、
あっという間にいつの間にか夏!

皆さん、お元気ですか。
そんなこんなでありがたい慌ただしい日々を送りつつ、
合間を縫って、心に栄養注入中。
偉大な大先輩ミュージシャン達の演奏聴きに足を運んでいる今日この頃です。

その中でも、特に素晴らしかったコンサート!
日本人 jazz musicianの大先輩、憧れの龝吉敏子Quartet.。
共演はもちろん夫君のル-タバキン氏(Flute & Tenor Sax )、
Bass には私も沢山共演してもらっている、素晴らしい期待のべ-シスト Steve Wipple君、
Drums にかっこいぃ!!Tim Honor氏。
1時間のお昼のコンサートでしたが、とても奥深く濃厚な、素晴らしいコンサートでした。
特に龝吉氏のオリジナル曲は、母国日本のテ-マとモチーフが非常に効果的に、
また深くjazzそのものと一体化し昇華されかつ、
心の琴線に触れる作品群で、非常に感銘を受けました。
jazzを演奏するpianistになって以来、
この音楽を知れば知るほど、アメリカで生まれアメリカ人になりたかった私ですが、
(あれ、日系ブラジル3世っていってなかったっけ?!)
初めて日本とアメリカのjazz との本当の意味での深いところでの融合を聴くことが出来て、
ストんと素直に、日本人jazz musicianであることに納得出来、
第一歩を改めて踏み出すことが出来る思いです。
偉大な大先輩の懐深い音楽に感謝!
アレコレ気負って頭デッカチになりがちでしたが、素直に自分のル-ツを受け入れて、
自然に先輩方のように演奏、swing、そして心から湧き出るような、自然な表現が出来るように
ますます精進して参りたいと、心も新たに誓いました。

またル-タバキン氏のFlute演奏が凄かった!
龝吉氏のその日本情緒溢れる作品の演奏では、
篠笛を思わせる音色で日本音階と西洋音階自然に巧みに織り交ぜながら、
しかしながら日本の侘び寂情緒がここそこに滲みでてい、
しかも正真正銘のドjazzなんです。
天晴れ、そして圧巻でした。
とてもとても勉強になりました。
ありがとうございます!!

そしてもうお一方、 圧巻といえば、泣く子も黙る、
’the tenor saxophone player', 'the king of swing' のHouston Person氏!!
幸運なことに巨匠の演奏を二週連続で聴くことが出来ました。
1週目はVillage VangurdでSpecial Quartet 。
余計なことは何もいらない、必要ない。
ただただ歌うようにswingしまくるHouston様に
私達客席全員は大興奮、歓喜のるつぼです。
そして心のこもった温かいバラ-ドには涙がホロリ。
もう余計な言葉も必要ありません。
本当に素晴らしい音楽は心で感じて、ただただ身を任せるのみです。
そして、2週目はFreddy Cole(vocal:あのNat King Coleの弟君です)との共演。
もう本当に、ため息がで過ぎる程、素晴らしい素晴らしい演奏でした。
最初の1音から最後の1音まで、全ての1音に心のこもった演奏でした。
ありがとうございます!!

さぁて!!心の栄養チャージ,フルタンク,満タンです。

そしてそして
来るCDリリース発売記念JAPANツアー (8月26日ー9月17日予定)に向けて、
エンジン始動開始です。
今年は現在のところ。。。。。
柳川市(福岡県)、大分市、今治市(愛媛県)、東京(4箇所)、大阪(上本町!)、
大津市(滋賀県)、伊賀市(三重県)、岩国市(山口県)、浜松市(静岡県)、名古屋市で
演奏予定になっております。
また、追加演奏場所、ライブスケジュール詳細も、わかり次第追って発表させて頂きます。

12年間の長期に渡りまして、セカンドアルバム”QUALITY TIME" をお待ちいただきました皆様に、
いつも応援してくださっている皆様に、”はじめまして”の皆様に、
2016年の現在進行形の福森道華の音楽を聴いていただけますよう、がんばって参ります!!

尚、日本の流通サイト(AMAZON)などで、CDを御予約いただきました皆様、
ひょっとして、まだおてもとにCDが届いていない状況が多々発生していると思われます。
アメリカからのCDの発送が遅れている状況だという報告を、レコード会社から受けました。
お待ちいただいている皆様には深くお詫び申し上げますと共に、
もうしばらくお待ちいただけますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

また、ツアーでは手売り行商発売(!:サイン入り!)も致しますので
そちらもよろしくお願い致します!!

JAPANツアー2016で、沢山の皆様にお会いできますこと
今からとても楽しみにしています!!

                                    =福森 道華=


2016年4月ニューヨーク便り

あっという間に過ぎ去っていった4月。
ありがたいことに脳ミソが半分にすり減る位忙しく働きました。
というのも、今年に入ってから進めてきた学校仕事(だと思っていた!)
ミュージカル'OLIVER!' の企画。
進めて行くうちに大規模かつ大きなホ-ルで開催し、さらに子供達のオ-ディションのみならず、
大人配役の為の本格的なオーディションまで一般公募。
更にオリジナルのスコアを使用せず、NYらしいアレンジまで施すことに。。

つまり、このように大掛かりな企画だと知り、
え、えらいこっちゃ!!とはいえ.......
ま、誰かがいろんな難しいことやってくれるんだろうと、のんびり構えていたら。。
え、わたくしが 'そこ' 担当?!
え、わたくししかやる人(出来るだろう)人がいない?!。
工エエェェエエ工!?ということで、寝る時間も削って譜面担当。
来る日も来る日もすでに出来上がって来ているアレンジ音源から音取り音取り。

毎日コロコロ刻刻とリハーサル現場で変化していく、あらゆるアレンジを書き留めては直し、直し。
そして、何故かいつの間にか増えて追加の楽器達。。そんなん聞いてませんって!!!!!!
このように、脳ミソが半分に減少する位、普段使用していなかった 'ミソ' をフル回転で働かせて
なんとか本番までに間に合わせ、こぎつけました。
そしてそして本番!!。。こそは、リラックスして客席でショ-を楽しんで。。
いる場合ではなく、オ-ケストラピットに入ってピアノ担当。

私の主な担当である譜面は書き終えているので、今度こそは音楽、演奏に集中して。。
と思いきや、そうはトンヤは下ろしてくれず、またここでも本番直前、最中でも直しの連続!!
とてもじゃないけれど、綱渡りの連続で本番演奏を楽しむどころではなかった状況でしたが。。。。
肝心のshow自体は、セット、衣装も素晴らしく、心配していた子供達の出来栄えも、歌、演技、ダンス
どれも涙がでる位素晴らしいものだったという評価を多くのお客様から頂きました。

もちろんのこと、ブロの大人のキャストが秀逸で
ショ-全体を支えてくれていたことはいうまでもありません。
ホ-ルの規模から言って、OFF Broadway Show に価するらしいのですが、
musical業界、ショー自体に詳しい方々から
業界のスカウトマンまで客席に詰めていて、
うるさがたの厳しい皆様からも、とても好評価を得たということでした。

やったね!!万歳です!! さすが本場NY!!
このような企画であってもチャンスはそこ、ここにあるのですね。
未来のスターがこのショ-から巣立っていくのか!
とても楽しみであります。
色々大変ではありましたが、このショ-にスタッフとして
立ち上げから関わることができたこと、幸せに感じています。

終わりよければ全て良し!! そんなこんなで一区切りがついた現在。
でるよ~でるよ~お化けになりつつあった、
12年振りのトリオアルバム'Quality Time' !!
いよいよアメリカの老舗レコードレ-ベル Summit Recordsから
6月3日全世界に向けて発売の運びとなりました。
皆様からの温かい、そして気の長い応援、御支援の御蔭で
ここまでこれましたこと、心から感謝申し上げます。
本当にありがとうございます! これからも、この発売をひとつのステップにして
更に前進、精進して参りたいと思いますのでよろしくお願い致します!!

CDの日本での発売方法につきましては
ちかいうちにまたこのHPで発表させて頂きます。
一人でも多くの皆様に、”QUALITY TIME"聴いていただけますこと
心から願っております!!!
ありがとうございます!!

                         =福森 道華=


2016年3月ニューヨーク便り

3月に入って、春らしくなりました。
振り返ってみたら、今年は異例な暖冬だったNYです。
現在は、木蓮などがほころび始め、花粉も満開。
暖かくなってくるのは嬉しい反面、花粉には悩ませられる季節です。
はっ、はっ、はっくしょんっ!

そんな中、慌しい日常を送っておりますが、
今年はありとあらゆる感冒、インフルエンザ、風邪の症状をあちこちでもらい、
なんとか毎日無事に仕事に行くこと&することを実行するのが
なかなか大変でした。。
日雇いの身はつらいね&健康は大事ね。。を改めて痛感!

そんな時いつも思うのは。。この国でもマスクが普及してくれないか!
一応、”咳をするときは、手で口を覆う”というマナーはあるのですが、
満員電車での、目の前のおじ(ぃ)さんの不意打ちのゴボゴボッ、
子供たちのの野放図なゲホゲホッは避けようもない、不可抗力。。。
あぶないっ!と感じた瞬間、とっさに自分の顔を背けたりするものも
あっさり、次の日から、熱が出たり、喉が痛んだり、咳き込んだりする始末。
マスクの習慣があれば、こんなこともある程度はマシに防げるのでは?!
と思うのですが、
この国、特にNYでは、”犯罪者に間違われるから、やめなさい”と言われました。
はい、もちろん試してみました、チャレンジャーなワタクシ!!
道行く人々の"ギョッ"とする表情には、私も"ギョッ”!
しかし、マスク装着すると犯罪者に間違われるとは、いかにもNY的な!!と、
妙に納得してしまったのでした。

しかしながら、白いマスクが恐怖をうえつけるのなら、
肌色マスクに、本物に近い鼻&口を描いて装着!というのはどうなんだろうと妄想し、
実行しようか思案中なワタクシは、やはりチャレンジャー精神が抜けません。

そんなことより、自分の体鍛えて、様々な"菌”をもらわない努力した方が
早いような気が?!
とにもかくにも、健康でないと日常生活もままならないのね、ということを
イヤというほど実感した、今年の暖冬NYでした。

そして、そんな流感冒シーズンも峠を越え、ホッとしたのもつかの間、
なんと暖冬により、激しい花粉シーズンが前倒しで到来。
勘弁してよと嘆きつつ、やはりマスクは御法度なので
最近ネットニュースで見た"ヴァセリン"が花粉症に劇的効果!という
朗報にすがりついて、毎日実行しております。
あぁ、ヴァセリン様、劇的効果のほど、お願いいたします!!

ところで体のメンテナンスはボロボロですが、
心と耳と頭の栄養補給、メンテナンスは完璧です。
先月は、我が師匠のSteve Kuhnの心に響く、素晴らしいトリオ演奏4日間
@JAZZ STABDARD。
いつものように、毎日ほぼ通い詰めて、拝聴して勉強参りました。
(ここでも、怪しい人物認定。爆!)
今回は先生の”本物トリオ”。。。。。。。。。。
というのも、リズムセクションのメンバーがSteve LaSpina氏(b),Billy Drummmond氏(d)。
昨年11月に、私が胸をお借りするつもりで臨んだ、JAZZ at KITANOでのコンサートでの
素晴らしいリズムセクション!!!!
そして、師匠のピアノの”本物ピアノトリオ”!!
いやはや、本物はやはり素晴らしすぎました。
音の万華鏡のような世界、強力なSWING感に圧倒されました。
我が身を振り返り、深く深く反省いたします。
ひゃ~~、目指す道は厳しく、遠い!!

そんなこんなで、沢山素晴らしい音楽が浴びるように聴くことができるNYで
音楽に没頭できる生活、ほんとうにありがたく感謝の気持ちで一杯です。
そして、そんな感謝の気持ちが更に膨らみます御報告です。
出ます、出ますお化けになっておりました、
なんと12年ぶりの2枚目トリオアルバム、
”QUALTY TIME"が、アメリカのレコード会社から6月頃に発売される運びになりました。
もちろん、2枚目も尊敬する素晴らしいピアニストSteve Kuhn師匠のプロデュースで
信頼できる盟友&新進気鋭の天才ペーシストAidan O'donnell氏(b),
泣く子も黙る圧倒的スイング感を誇る、世界的ドラマーBilly Drummond氏(d)
との共演です。
厳しい師匠に”よっしゃ、よくやった!”のお墨付き、頂いております。
日本での発売方法など、また詳細が決まりましたら
このHPでお知らせさせて頂きます。

皆様の御蔭で、ここまでがんばってくることができましたこと
心より感謝申し上げます。
一人でも多くの皆様に、新しいアルバムを聴いていただくことができますこと
願っております。

                                    =福森 道華=


2016年2月ニューヨーク便り

 皆様、2016年です。今年もよろしくお願い致します!
またまた、あっという間に年越しが過ぎ、時が過ぎ
新暦、旧暦のお正月まで過ぎてしまいました。
毎日、毎日、あっという間に過ぎていきますが、
それほど、忙しく走り回れるというのはありがたいことです!

今年も、幸先良いスタートを切ることができました。
よっしゃ、がんばっていくぞ~!お~!!と、この1年も更なる前進を目指して
がんばって参りたいと思っております。
怒涛の年末スケジュールの後は、少しのんびり出来るかな、シメシメ!
などと、読みたい本を集めたりしてニマニマしていたのですが、忘れてた!

アメリカの仕事始めは、1月2日からだったのでした。
今年は1月2日は土曜日だったので、3日と共に週末休み。
しかしながらありがたいことに、私はその週末も休みナシだったので
そのまま、1月4日から何事もなかったようにホリデーシーズン、
年末年始のあの浮かれ騒ぎはどこへやらで
そして、日常のスケジュール再開始です。あぁ~~~。 健康に気をつけて!
。。はい、年末特にリーダーバンドの仕事、自分史上前代未聞の
急病でキャンセルしてしまいました。。。
(関係者の皆様、御迷惑&心配お掛けしました!)

十分に気をつけて、この冬、そしてこの1年を乗り切って参りたいと思います。
ということで、2016年の音楽以外の達成目標は”健康増進”。
もう、ダイエットは諦めました(爆!)
そんなことより、毎日のスケジュールを健康に勧めていく為
体を丈夫にするため、運動するぞ!ウン。
盟友のブラジルミュージックシンガーの友子ちゃんに
”みっちゃん、老人でも出来る体操だよ!”と、1日10分程度のねっころがりながら体操 
(怠惰な私にピッタリ!ぎゃん!)
を教えてもらい、とりあえず1ヶ月は続行中です。

ちなみに、皆さん御存知の通り、友子ちゃんは"由美かおる”バリの
スレンダー、ナイスプロポーションの持ち主ですので説得力あり!!
痩せれる。。いや、基礎体力少しでもつくこと、過剰期待!!
そして、3日前からチベット体操なるものも実行中。
こちらも朝10分程度の体操で(これまた、怠惰な私にピッタリ!)
どうも、若返るらしい。。いや、さらに基礎体力がつきますように!!
基礎体力つけながら、ダイエット&若返りなどと、
過剰期待+野望も見え隠れしていますがいやはや、
とりあえず毎日継続できるよう、がんばります。

体が大資本の自由業。エイエイ、オー!!でございます。 そんな中で迎えました2月。
またまた演奏の仕事もたくさん頂いております。
一つ一つの演奏、曲、音に心をこめて
お届けしたいと思っております。
皆様、今年もどうぞよろしくお願い致します!!

                                 =福森 道華=

TOPへ


現在のニューヨーク便り