福森道華 Michika Fukumori Jazz ピアニスト ニューヨーク

HOME

プロフィール <Bio>

ニューヨーク便り

NYライブスケジュール <Schedule>

Japan Tour

Music Video

著書

CD販売

城英輔さんからのメッセージ

LINK

E-mail

ニューヨーク便り

 毎月ニューヨークからファンの皆さん向けての
 メッセージや出来事を記載しています!

 

 

過去のニューヨーク便り

福森道華 Michika Fukumori Jazz ピアニスト ニューヨーク便り

2017年12月ニューヨーク便り

9月半ばに日本ツアーから帰国し、そのままなだれ込む勢いで、NYでの濁流生活な日常に戻りました。
そのまま約1ヵ月半、飛ばしにトバして迎えました11月9日の、10回目になりますJazz at Kitanoでのコンサート。沢山の皆様方に来て頂きまして、お陰様で1st setは満席で、素晴らしいメンバーをと共に、
まさに新たな''Quality Time''を過ごさせて頂きました。ありがとうございました。

世界最高峰ドラマーの一人であるAdam Nussbaum 氏に今回も温かくも、厳しく''もんで'' 頂きました。
アダム氏が強固に繰り出す強烈なグループに圧倒され、のみ込まれ。。。気持ち良くも緊張の連続!
そのグルーブにのみ込まれ、あわや撃沈?!いえいえ、自分なりに最後まで、溺れる藁にも掴まりつつ、
頑張りました!

いやはや、Billy Drummond氏の時もそうですが、世界的レベルのドラマーの巨人達は、本当に凄すぎます。
彼らはとても優しく親切で、多分彼ら的には、優しく諭すように私の音楽的真意を汲み取って演奏して下さっている のだと思います。が、私にとっては強烈で強固なswingの大海に放り出され、もがきにもがいている状態。。。
大変&大変今回も勉強になりました。

私がもがいて。。いえ、一生懸命すがり付いている最中、ふとベースのエイデン君をみると。。
(そんな暇があったら集中せんかい!というツッコミ受け取りそうですが。一応リーダーとしましては、
全体を見渡しておるのです。。)
なんと、アダム様と初共演にして息ぴったりで、共演をノリノリで楽しんでいるではありませんか!!

。。そういえばこのキタノ演奏の数日前、エイデン君は大抜擢で、伝説的JazzSinger である
大御所Sheila Jordan with Steve Kuhn trio のメンバーとして、堂々とIridiumのステージで演奏していたのでした。
バンドリーダーであるSheilaにも、とっても気に入られた!(師匠: Kuhn先生談)そうで、盟友が世界一に羽ばたいていく勇姿が嬉しく、感動&涙ホロりなのでした。。
そんな飛ぶ鳥を落とす勢いのエイデン君は、今回はアダム様とも堂々と渡り合い、アッパレ!で。。って、
自分の'' のみ込まれ状態'' を克服せんかい!。。はい、しっかり精進いたします!(自己ボケ&ツッコミ)

そんなこんなで、益々スゥイングしまくっているリズムセクションとの演奏は、
ともあれ結果オーライで、'' いつになく'' 落ち着いた重厚なサウンドだったと光栄にも好評を頂き、
無事に今回の演奏を終えることが出来、ホッとしています。

絶え間なく応援して下さる皆様に背中を押して頂き、ここまでくることが出来ました。
これからも益々ジャズ道を極めて行く所存ですので、末永くどうぞよろしくお願い致します!!

来年にはまた嬉しいプロジェクトのお知らせも発表出来るかと思います。
こちらもまたまたよろしくお願い致します!!

                                       = 福森 道華 =


TOPへ


<過去のニューヨーク便り>

 2017年 2016年 2015年              
 2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年