福森道華 Michika Fukumori Jazz ピアニスト ニューヨーク

HOME

プロフィール <Bio>

ニューヨーク便り

NYライブスケジュール <Schedule>

Japan Tour

Music Video

著書

CD販売

城英輔さんからのメッセージ

LINK

E-mail


ふくもり みちか
福森 道華 『ジャズ・ピアニスト』

三重県伊賀市出身。3歳からピアノ、6歳から作曲を始める。

愛知県立芸術大学音楽学部作曲科を卒業後、上京し鈴木コルゲン宏昌氏にジャズ・ピアノを師事すると同時にジャズピアニストとしてのキャリアをスタートする。
以後、自己のトリオおよび様々なセッションを経験しつつ、都内および近郊のライブハウス等で8年間活動した後、2000年に渡米。

ニューヨーク市立大学大学院音楽学部ジャズ科に2000年9月に入学。
Ron Carter, Jeri Allenに学ぶ。かねてより尊敬していたJazz Pianist の巨匠である
Steve Kuhnには2001年から現在まで師事。

2003年に同大学院を卒業し、NYでの演奏活動を本格的に開始。
Lenox Lounge, University Street, Beekman tower Hotel、Garage などに出演する他、
2001年にはヴォーカリストのChiquita Green グループのメンバーとしてギリシャ・ツアーに参加。

2004年2月、2005年1月、2010年1月、2013年5月には自己のトリオで
名門 Blue Note New York に出演。

2004年5月にはSteve Kuhnをプロデューサーに迎え、David Fink(b), Billy Drummond(ds)
と共演したファーストリーダーアルバム "Infinite Thoughts" をリリースし、好評を得る。

ブラジル音楽にも傾倒しており、Jail Coelho(vo&g)グループのピアニストとしてもZincBarのBrazilian Jazz
Nightにも出演。現在、自身のトリオで”Brazilian Project"と題して、ブラジル音楽を演奏している。
ヴォーカリストの伴奏者としての定評があり、ヴォーカリストMary Sheeran とは共にDanny's Skylight, Don'tTell Mama 等にも定期的に出演。彼女のファーストアルバム、ヴォーカルとピアノで音楽をつづった”Through the years...”でも共演している。
Carol Fredette (vo) のヴォーカルワークショップの伴奏を2002年より務めている他、多くの歌手の伴奏者としても活躍中である。

2004年から自己のトリオ、およびカルテットなどでジャパンツアーを毎年敢行しており、各地で好評を博す。

現在は、NYのメジャー・ジャズスポットであるCleopatora's Needle、Garage, Artruro’s、Antique Garage等に定期的に出演。
また、有名ジャズスポットである Jazz at Kitanoにはソロピアノ、トリオで2007年より定期的に出演を重ね、特に2015年11月のピアノトリオでの出演では、Steve LaSpina氏(b), Billy Drummond 氏(d)を迎え、ピアノトリオの深遠に迫るとの評を得ている。

2016年6月3日には、アメリカの老舗ジャズレコードレーベルであるSummit Records社より2枚目のピアノトリオアルバム、”Quality Time" を全世界で発売。
今回も1枚目に続き、Steve Kuhnをプロデューサーに迎え、Aidan O'Donnell(b), Billy
Drummond(ds)の豪華リズムセクションとの共演である。

NYを拠点に10年以上精力的に活動を続けて、確かな実力を評価されており、現在、最も忙しいNYのピアニストの一人と言われている。


Michika Fukumori Jazz Pianist

Born on Japan's main island, Michika grew up in the city of Mie and began to play the piano at the age of three.
Within the next three years Michika was composing and playing her own music. After studying classical composition at the Aichi Prefectual University of Fine Arts and Music, Michika studied with renowned Japanese pianist Colgen Suzuki and began working professionally at a wide variety of jazz clubs in and around Tokyo.

In 2000,Michika moved to the United States and began studying with Ron Carter and Jeri Allen at City College of New York along with private lessons under the tutelage of Steve Kuhn. After touring Greece with the Chiquita Green Group in 2001, Michika got her Masters Degree at CCNY in 2003.

Since then, Michika has been playing at many of Manhattan's most prestigious jazz clubs such as Lenox Lounge, University of the Street and Beekman Tower Hotel. In 2004,2005,2010 and 2013 Michika was proud to lead a trio at New York's jazz mecca,The Blue Note. In 2004 Michika recorded her first album, "Infinite Thoughts", joined by David Finck (bass),
Billy Drummond (drums) and produced by Steve Kuhn.

Today Michika enjoys a variety of work in the U.S. along with annual trips to her homeland, touring Japan as a leader of trios and quartets for the last eleven years.

Michika is an accompanist for Carol Fredette's Jazz Vocal Workshop and is currently performing in Manhattan with her trio including Aidan O'Donnell on bass and Billy Drummond on drums at The Garage, Cleopatra's Needle, Arturo's, Antique Garage and The Kitano (Jazz at Kitano).