福森道華 Michika Fukumori Jazz ピアニスト ニューヨーク

HOME

プロフィール <Bio>

ニューヨーク便り

NYライブスケジュール <Schedule>

Japan Tour

Music Video

著書

CD販売

城英輔さんからのメッセージ

LINK

E-mail

更新日:2018.5.13

NYライブスケジュール
2018年5月13日ライブスケジュール更新しました!
詳しくは
NYライブスケジュールをご覧ください

---------------------------------------------------------------

2018年5月ニューヨーク便り

春を通り越して、冬からイキナリ夏がやって来ました。1夜にして10度以下から30度以上に。。そしてまた天気予報は10度前後の冬に戻ると申しております。どないして健康管理したらよろしいんでしょうか?!

日本時間:2018年5月12日AM5:12 NYより届きました!
ニューヨーク便りはこちらからご覧頂けます
---------------------------------------------------------------

Blue Noteでの演奏模様UPいたしました
こちらをクリックしてご覧下さい!


「Music Video」ページ作りました
YouTubeでこちらからご覧いただけます!

" Velas”
セカンドアルバム''Quality Time'' にも収録しました、ブラジルの天才ソングライター、シンガー&ピアニストのIvan Linsの名曲です。こちらも2017年のブルーノート公演より。楽しんで頂けましたら幸いです!

https://youtu.be/Svv7k2P6u5o

MICHIKA FUKUMORI オフィシャルサイト ジャズピアニスト
photo by Andrew Levine
hair and make by Chie Sugawara

What's new !
この度、出るぞ出るぞお化けになりつつありましたソロピアノアルバム(通算では3枚目)、嬉しく有難くも、
この6月にアメリカの名門老舗レーベルSummit Recordsから発売の運びとなりました。
このアルバムは生みの苦しみがなかなか大変だった為、ソロピアノアルバムという難関を選んでしまった
無謀な自分自身向かって、何度も何度も恨めしく化けて出てしまいそうな過程でございましたが、
何とか何とかここまで辿り着くことが出来ました。ありがとうございます。

また日本でのインターネット上での発売情報など、分かり次第このfacebookやこのホームページで
お知らせさせて頂きます。
1人でも多くの皆様に聴いて頂けましたら幸いです。どうぞよろしくお願い致します!。。  

実はボケっとしている間に日本のディスクユニオン、タワーレコード、楽天などのサイトなどでは
既に予約して頂けます。よろしくお願い致します!!

もちろん、今年の8月23日(木)東京赤坂トナリテから始まります現在計画続行中のJAPANツアーでも
行商発売(笑)させて頂きますので、どうぞよろしくお願い致します!
沢山の皆様の温かい応援支援のお陰でこのアルバムを発売できます事、本当に感謝の気持ちで一杯です。
本当にありがとうございます!!

福森道華 

I am so happy to announce that I am going to release my third album '' Piano Images'' (piano solo) in June 2018 from Summit Records.

Here is the product note....

" Critically acclaimed Fukumori on these thirteen 'moving' solo piano tunes, which are conversations between the piano and Michika Fukumori. Here she combines music from her favorite composers (Rodgers, Porter, Jobim) with her stunning original compositions... there is 'one' piece that is "four-hands" that lights up the program...

Incredible solo recording.''

I am going to keep posting the release information. Please stay tuned!!

Thank you very much,

Michika Fukumori